ワックスシート&ヒートカッター&潤いパック

夏だけでなく、一年中なにかと気になるのが無駄毛です。
例えば、お友達と急にいく事になった温泉やスーパー銭湯。 こんな時「あっ、しもの毛が、、」
なんて事になる前に、脱毛サロンなどに行かなくても自分でキレイに処理できるビキニラインの
お手入れ方法をご紹介します。
370a5239367ac83678930730d67efdac_s
[まずはワックスで邪魔な毛を脱毛]

ドラッグストアや、ネット通販などで購入できる脱毛用シートワックスを用意。
ビキニラインの気になる部分をシートワックスで一気に処理。処理部分が多い人はシートワックス
を必要なサイズにカットして数回にわけて処理する事をおススメします。
処理したい毛はカットしない方が、脱毛しやすいです。長い場合はほんの少しだけカットして長さ
は少し残しておいた方が良いです。

[シェーバーとヒートカッターで、長さを調節]

ビキニラインの無駄毛をシートワックスで脱毛しても気になるのが、残った毛の長さですよね。
でも、はさみでカットしたりカミソリで剃ってしまったりすると毛先は鋭くなりチクチクイヤ
なものです。また、下着からチクチク飛び出てるなんてもってのほかです。

そんな時役立つのがヒートカッターなんです。
カットするというよりは、熱で焼き切ってくれるので毛先が丸く仕上がりチクチクしません。
下着からのはみ毛なんてちょっと恥ずかしいですよね、ヒートカッターで処理してイヤなは
み毛とチクチクを解消しましょう。

ワックスシートで、脱毛しきれなかった無駄毛や産毛は電気シェーバーでかるく剃ってあげ
ればキレイになりますよ。

[潤いパックは必須です]

ワックスシートで脱毛した事により、今まで毛で守られていた肌が露出します。
毛で守られていた分とってもデリケートになっているはずなので、処理後はパックを塗って
しっかり潤いを与えてあげると良いです。ビキニラインのくすみ予防にもなります。

また、電気シェーバーをあてた部分も潤いを与えることで次の毛が生えてくるのを少し遅ら
せてくれます。

脱毛サロンやクリニックでの脱毛ケアはしてないけど、急遽ビキニラインを見せる予定が入っ
てしまった時、間違った処理で失敗するよりも、日頃からセルフケアでキレイにしいておけば
突然の温泉旅行も問題なしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です